当院における防災防火対策について共立習志野台病院からのお知らせ

2018/08/08

当院における防災防火対策について

当院では地震や火災が発生した場合に備え、患者様や来院の皆様の安全を
最優先とする
様々な対策を講じております。

防災設備について

・地震が起きた際には停電や断水の発生が予想されますが、皆様さまへの分娩などの医療行為の
 提供にできるだけ支障が起こらないように自家発電を導入しております。

・飲料水や食料の防災備蓄品や当院敷地内に井戸(飲料水以外で利用可能)を確保し
 安全にご入院いただけるよう準備しております。

・赤ちゃんを抱いて避難する「母子同室避難用具」や「階段用避難用具」など災害時に役立つ
 備品を備えております。


防災訓練について

・年2回、船橋市消防局指導のもと、患者避難誘導訓練や夜間を想定した避難訓練などの防災訓練
   を行っております。

・災害の際に避難が必要な場合、当院の駐車場を避難場所として利用できます。

・毎月、防災委員会を開催し防災設備・避難誘導などを確認しています。