入院の際の注意事項

入院の際の注意事項

持ち物の整理と盗難防止

■ 身のまわり品について

  ①持ち物の整理には床頭台をご使用下さい。
  ②床頭台について
     ・貴重品ボックスには必ず鍵をかけ、鍵は常時身につけて下さい。
     ・鍵は退院時にスタッフステーションにお返し下さい。
  盗難・紛失・破損に関しましては、一切の責任を負いかねます。
  自己責任の下、鍵の管理を含め厳重にご注意下さい。
 
  ③多額の現金はお持ちにならないで下さい。
  ④貴重品の持ち込みは固くお断りします。
  ⑤パソコン等の精密機器の持ち込みは極力お控え下さい。

■ 持ち込み品について(次のものは持ち込みをお断りいたします。)

    ①楽器その他の音の出るもの、動物(ペット)、テレビ
    ②酒などのアルコール飲料類(ノンアルコール飲料を含む)
    ③ベンジン等引火しやすいもの
    ④たばこ(電子たばこ、加熱式たばこを含む)、ライター
  館内全面禁煙となっております。
    ⑤携帯電話は当院で定めた下記の条件のもとでご使用下さい。
    ・全館マナーモード設定でお願いします。
    ・通話は、右記マークのある「携帯電話通話可能エリア」に限り
  使用することができます。 
    ・メールの使用制限はありません。   
     但し手術室・ICU・診察室・検査室については使用禁止とします。
  (電源をお切りください。)
     また念のため医療機器の半径1メートル以内には近づけないように
  して下さい。

子連れ入院について

  新型インフルエンザの流行など、昨今では多剤耐性菌感染の危険が増大しております。 院内で検討の結果、当院は内科、小児科も併設していることもあり、院内感染を極力抑えるための出来る限りの対策をとることが病院の 務めと判断し、以下の内容で統一することといたしました。

院内感染防止のため、および下記の事由により今後原則不可とさせて頂くことといたしました。

  ①多剤耐性菌等の感染対策をとるようにとの厚生労働省からの通達
  ②他の入院患者様へ院内感染のご心配をかけるおそれがあること
  ③同室されるお子様の院内での安全、行動について、入院中の患者様である
   お母様が管理、対応することが難しいこと。
  ④分娩件数の増加もあり、当院側で、同室されるお子様の行動を常に把握する
   ことができない状況にあり、他の入院患者様にご迷惑がかかったり、
   事故につながる恐れがあること。

  また、お子様の預け先がどうしても確保できない方は、当院産婦人科までご相談下さい。

  何卒、入院患者様および新生児の安心・安全のため、充分なご配慮およびご協力を、
  重ねてお願い申し上げます。